家貴族

工務店で素敵な家を建てるための大事なこと|ハウスドゥ新大宮店

友だち追加 お問い合わせはこちら

工務店で素敵な家を建てるための大事なこと
ハウスドゥ新大宮店

工務店で素敵な家を建てるための大事なこと|ハウスドゥ新大宮店

2021/05/19

工務店で素敵な家を建てるための大事なこと

最近では工務店での家づくりを検討している方も多くなってきています。良い家づくりを行う上で信用出来る方との出会いはとても大切になってきます。

できればいい関係をもっといい物にしながら、理想的な家を建てたいですよね。

そこで今回は、工務店で“素敵な家”を建てるための大切なことについてお話していきたいと思います。

工務店で家を建てる、建てようかと検討しているという方はぜひご参考いただければと思います。

▸▸工務店をしっかり選んだ後は、信頼して任せること

工務店で家を建てる時に大切なこと。。それは“あなたに合う工務店をしっかりと選ぶこと”

そして工務店を決めたら、信用してある程度任せること。

私は自社の工務店で家を建てられた方だけではなく、他の工務店で家を建てられた方も多く見てきましたが、家が建ってからの満足度の高い生活を送っている方は

かなりの確率で上記のような形で家を建てられています。

では、しっかり選んだ後は信用して任せることでどうして満足度の高い家が出来るのでしょうか?

具体的な理由をお伝えしますね。

▸▸あなたに合った工務店選び例えば

家を建てる場合、人それぞれ求めるものは違ってきます。

例えば床に無垢材のフローリングを使った柔らかい雰囲気の家を建てたいという方もいれば、かっこいいモダンな印象の家を建てたい方、

家はデザインよりも暖かさや快適さなど性能を重視されたい方もいらっしゃいます。

このように“素敵な家”と一言でいっても、人によって“素敵な家”の定義は変わってきます。

まずは建てたい家はどういう家なのかを明確にし、その優先順位を決めるというのが家づくりの最初のスタートとなります。

 

そして優先順位がある程度決まれば、次に実際に工務店の建てた家を見てみる、その中であなたの理想とする家を建ててくれそうな工務店を見つけていきます。

もちろん、雰囲気や性能だけではなく価格も現実的に見る必要がありますが、たくさんの工務店を見てみることで家を見る目が養われますし、

それぞれの工務店の特徴や違いもだんだん見えてくるようになります。

そのため1つだけではなく、いくつかの工務店を見てみるというのもとても大事なことなんです。

 

また、工務店選びで80%くらいは家づくりが成功するかどうかが決まってきます。

たとえば、得意なテイストは工務店によって違いがあり、施工事例によく載っている家がその工務店の得意なテイストということになります。

モダンが得意な工務店はかわいらしいテイストの家を建てるのが苦手なように、工務店が得意な家を建てることで、その工務店の本来の力を大いに発揮することが出来ます。

その他にも、レベルの高い工務店と、普通の工務店では作る家のアベレージが大きく変わってくるので、出来るだけレベルの高い工務店を選ぶことも重要です。

いくつか工務店をみる中で、まずあなたに合った工務店を、そして出来るかぎりレベルの高い工務店を選ぶという事が大切です。
 

▸▸選んだ後は信用して任せる

工務店選びの段階では他の工務店といろいろ比較すると言った事も出てきますが、“この工務店で家を建てる!”と決めた後は他に目移りせずに、

信用して任せるというのが良い家を建てるためのベストな方法となってきます。

その大きな理由は、信用して任せることで設計担当者が最大限の力を発揮してくれるからです。

 

何かするにしてもアレコレ細かく支持されるのと、“あなたに任せる”と言われるのではどちらの方がヤル気が出るでしょうか?

相手は人です。“あなたに任せる”と言われる方がヤル気が出ますし、任されると言われると責任を持ちますよね。

これを家づくりに当てはめると、“任せる”ことで設計担当者が家づくりにより力を入れるようになる。という事なんです。

また、設計担当者というのは設計士という技術者であるのと同時に、家づくりでいろんな事を表現するデザイナーという側面も持っています。

そして任されることで、その技術者とデザイナーという職人魂に火が付くんですよね。

その結果、色んな提案も出てくるようになりますし、工事が始まっても現場に頻繁に足を運んでくれたり、

家づくりにとても力が入るようになるだけではなく愛着を持つようになり、その結果、建築士の力を最大限に引き出せるようになります。

ただ仕事で家づくりをするのか、それとも愛着を持って家づくりに取り組むのとではどちらがクオリティの高い家が出来るのかはもうお分かりですよね?

もちろん、任せると言っても要望はしっかり伝える必要はありますし、提案された事が合わなければ上手く修正しコントロールする必要もありますが、

基本姿勢は建築士に任せるというスタンスを取るのが“素敵な家”を建てる一番の近道となります。

 

ちなみに、任せても何の提案のない建築士もいますが、そのような建築士はできるだけ避けること。

工務店選びの段階で担当建築士が頼りなさそうであれば、その工務店を辞めておくか担当建築士を変更するなどするのも1つの方法です。

また、比較的年配の建築士をたまに見かけますが、意見が強すぎる建築士というケースもあります。

そうなると意見が流されてしまう方もいらっしゃり、誰のための家づくりか分からなくなってしまうので、このような建築士が担当になるのも避けておきたいですね。

工務店選びの際は、どのような建築士があなたの家づくりを担当するのか。

この部分もしっかり確認して、任せられる建築士と一緒に家を建てる。これが工務店で“素敵な家”を建てるためにすごく重要なんですね。

 

▸▸まとめ・・・

今回は工務店で“素敵な家”を建てる方法について見てきました。

まずはあなたに合った工務店をしっかりと選ぶ。その後はある程度任せるというのが工務店で“素敵な家”を建てるポイントなんですね。

これはハウスメーカーなど大きな会社でも使う事はできますが、大きな会社ほどシステム化されており、工務店の方が個人の力量や裁量が大きいので工務店の方が効果は大きいかと思います。

家を建てる場合、お施主さんは舞台監督のようなものです。

脚本(要望)を用意し良い役者(工務店)を見つけて、その中で最大限の力を発揮してもらう。

ぜひ、今回の内容を参考に工務店で“素敵な家”を建ててみてはいかがでしょうか?

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。