2021.06.15|今日の出来事|ハウスドゥ新大宮店家貴族|奈良市

友だち追加 お問い合わせはこちら

2021.06.15
今日の出来事
ハウスドゥ新大宮店家貴族
奈良市

2021.06.15|今日の出来事|ハウスドゥ新大宮店家貴族|奈良市

2021/06/15

2020.06.15

今日の出来事

注文住宅の打合せ

今日は朝から、注文住宅の打合せに参加させて頂いておりました。といってもただ横で打合せ内容を一緒に聞いていただけですが。。

当社ハウスドゥでも注文住宅の建築は可能です。ですが、高いです。なので、地元の優良工務店さんを直接ご紹介させて頂いております。その方が、安くて良い物が建つからです。それに我々は余計な事を考えず、土地探しに専念できます。

建築の知識もある程度はありますが、やはり建築のプロの方にお願いする方がオススメです。

注文住宅でもリフォームでも工務店さんと力を合わせてお客様の不動産売買をサポートさせて頂きます。

 

重説・契約書作成

昨日、買付を書いて頂いた物件の商談がまとまりましたので、契約に向けて、契約書や重要事項説明書の作成をしておりました。一部、他人地のブロック塀の笠木部分がこちら側へ越境してきている物件ですので、境界の場所やどれくらい越境しているのか現地確認して、説明書類に記入させて頂きます。

敷地をまたいで越境しているものは結構あります。ですが、他人の物がこちらい越境しているのであれば、次回お隣さんが建て直しや工事をする際に直してもらうことができます。

しかし、自分の所有物がお隣さんに越境している場合は、注意が必要になります。今の所有者さんが認めてくれていても、将来次の所有者も認めてくれるとは限りません。越境や境界ポイントというのは不動産売買でも特に重要なことなので、皆さんも注意してみてください。

 

土地所有者さんへのDM

土地を探しているお客様から、「近くに空地があるけど、そこがほしいねんな。」と言われました。だれでも法務局に行けば、その土地の所有者が誰なのか調べることができます。連絡先まではわかりませんが、登記時点での所有者さまの住所はわかりますので、そこにDMをお送りさせて頂くとう作業をしておりました。

こういう空地や空き家を調査してDMを送り付け、売り物件にしてしまうことを、不動産業界では「地上げ」や「物上げ」と呼びます。元々使われていない不動産を、有効に活用するようにお手伝いさせて頂くお仕事です。でもなんとなく、言葉の響きが悪いですよね。なんとなくそういうところからも、不動産のイメージが悪くなる原因になっているのではないかと思ってしまします。何か良い呼び名があれば教えてください。

 

お客様との連絡、住宅ローンの相談

実は当店は火曜日、水曜日は定休日とさせて頂いております。でも基本的には火曜日でも水曜日でも営業しております。家族の予定が入ればそちらを優先させて頂くこともありますが、基本的には事前にお声がけ頂いて居れば、火曜でも水曜でも対応させて頂きます。本日も色んなお客様と連絡を取らせて頂いたり、住宅ローンの相談をさせて頂きました。融通が利くのがうちの大きなポイントですので、皆様も定休日であろうとお気軽にご連絡ください。

 

一つ一つの詳しい情報はハウスドゥ新大宮店のブログに書いております。
よかったらこちらものぞいてみてください。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。