家貴族

実家を継いだらどうする?長男以外も相続や処分への対応が必要です!

友だち追加 お問い合わせはこちら

実家を継いだらどうする?長男以外も相続や処分への対応が必要です!

実家を継いだらどうする?長男以外も相続や処分への対応が必要です!

2024/05/132024/05/22

家族の中でも特に長男やその家族が直面する「実家をどうするべきか」という問題。

法的責任や扶養義務、実家の処分方法に関する情報が錯綜していて、どう進めば良いのか迷っているかもしれません。

本記事では、実家との向き合い方、法的義務の理解、そして実家の処分方法の選択肢を、メリット・デメリットと共に解説します。

目次

    長男は実家をどうするべき?法的視点から解明

    多くの人が、「長男は実家を守らなければならないのか」と疑問をお持ちでしょう。

     

    しかし、現代の法律では、実家を守るべきだといった法的義務は存在しません。

    相続に関しては、兄弟間での平等が保障されており、扶養義務もすべての子供に平等に課されます。

    相続は平等

    相続において、長男に特別な義務があるわけではありません。

    法律上、相続人はすべて平等に扱われ、相続権に優劣はなし。

    遺産分割も、公平に行われるべきプロセスです。

    扶養義務の現実

    そして、長男だけでなく、すべての子に扶養義務があることは、多くの人が見落としがちです。

    扶養義務は、経済的支援に限らず、高齢の親の世話や介護を含みます。

     

    しかし、この義務は経済的余裕がある場合に限られ、また子供たち間での役割分担が推奨されています。

    家庭裁判所との関わり

    扶養義務に関する紛争は、家庭裁判所を通じて解決されることがあります。

    話し合いで決まらない場合、扶養請求調停や審判を通じて、扶養義務の具体的な内容が決定されます。

    実家の処分方法とそれぞれの影響

    実家の将来について考える際、売却・賃貸・身内が引き継ぐといった3つの選択肢があります。

    それぞれの方法にはメリットとデメリットがあり、家族のニーズや状況に合わせて慎重に選ぶ必要があります。

    1:売却する場合

    売却は、実家を手放す決定的な方法です。

    まとまった現金を手に入れられる反面、生前整理の場合には親の住環境変化に伴うストレスや、家財整理の負担がデメリットとして挙げられます。

    2:賃貸に出す場合

    賃貸に出すことで、定期的な収入を得ることが可能です。

     

    しかし、管理の手間やコスト、入居者とのトラブルのリスクも考慮する必要があります。

    3:身内が引き継ぐ場合

    家族内で実家を引き継ぐことは、思い出や帰れる場所を残す上では良い選択肢です。

     

    ただし、将来の相続をめぐる問題や、家族間の合意形成が課題となり得ます。

    まとめ

    実家との向き合い方については、法的義務の理解から始めることが重要です。

    長男やその家族に法的な責任があるわけではなく、兄弟間での平等な立場から、最善の選択を考えることをおすすめします。

    また、実家の処分方法を選ぶ際には、各方法のメリットとデメリットを慎重に比較検討し、家族での十分な話し合いを重ねることが重要です。

    実家の取り扱いについてお悩みの方は、奈良市周辺で地域密着型のサービスを展開する当社までお気軽にご相談ください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。