家貴族

不動産贈与の悩み解決|家貴族

友だち追加 お問い合わせはこちら

不動産贈与の悩み解決
家貴族

不動産贈与の悩み解決|家貴族

2021/04/30

不動産贈与の悩み解決

知って対策!知らないと損する贈与税のお話

贈与税とは

親から子、夫から妻、親から孫などへ不動産を無料で譲るとかかる税金です。なにも知らずに贈与を受けてしまうと後から多額の税金を徴収されることになるので注意が必要です。場合によっては贈与ではなく、売買という選択が良いパターンもあります。また減税制度などもありますので賢く利用しないと、税金を搾取されてしまいます。

 

不動産の贈与の方法

土地や建物などの不動産を贈与するだけならとても簡単です。名義変更するだけです。一般的には司法書士にお願いすればできます。必要な書類について教えてもらったり、資料を作成・提出してくれます。

 

贈与税の計算方法

贈与税のシミュレーションができるサイトをご紹介します。

https://smlt.jp/zouyozei/

基礎控除が110万円しかないので、金額の大きい不動産は不利と言えます。

 

贈与税は誰が払うのか

贈与税は贈与を受けたものが支払う義務を負います。タダでもらうのは恐ろしいことなのです。

 

贈与税意外に必要な費用

・不動産取得税

・登録免許税

・司法書士への報酬

上記のように、贈与税とは別に、通常の不動産購入と同様の費用も掛かるのです。

 

◆控除について◆

相続時精算課税制度

60歳以上の親から子・孫へ贈与した際に、2500万円までは贈与税がかからない制度です。(2500万円を超えた部分には一律20%の税金がかかる)

ただし贈与を受けた金額は、親が亡くなった場合に相続したことになります。

相続時の控除額が大きいので、2500万円以内であれば生前贈与するのもありです。

 

贈与税の配偶者控除

結婚して20年以上の夫婦の場合は、配偶者に贈与する場合、2000万円の控除が受けられます。

基礎控除の110万と合わせることができるので合計2110万円が控除されることになります。

 

贈与ではなく売買という選択

基本的には不動産の生前贈与は高くなります。売買した以上に支払う可能性が大きい為、面倒ですが、不動産会社通じて売買した形にした方がお得なパターンの方が多いです。

 

贈与より相続の方が税金負担は小さい

生前贈与の控除額が小さいので、相続したほうが良いとも言えます。

 

ひとりで悩んでいないでまずは相談

生前贈与や不動産売買、税金の悩みなどは、一人で悩んでいても前に進みにくいです。ネットにはいろんな情報が載りすぎて取捨選択するのも大変です。専門家に聞けばすぐに答えがわかるし、一人ひとりの家族構成や資産の大きさによってもやり方は様々です。

自分の場合はどうするのが一番良いのか相談してみてください。

当社は奈良市、木津川市、生駒市、大和郡山市に精通した司法書士や税理士のパイプがあります。公平な目線でどうするのが一番損しない方法なのかをご提案させて頂きます。

聞くだけでも全然OKなのでお気軽にお問合せください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。