家貴族

不動産売却は難しい!?|家貴族

友だち追加 お問い合わせはこちら

不動産売却は難しい!?
家貴族

不動産売却は難しい!?|家貴族

2021/05/01

不動産売却は難しい!?

買う時は簡単は難しい

不動産売却は難しい⁉

希望金額で不動産を売却するのは難しいです。しっかり腰を据えて時間をかけても良いのであれば、不可能ではありませんが、長期間売れなければその分固定資産税や維持費がかかります。そうであれば価格を下げてでもすぐに売却したほうがよいパターンもあります。なぜ不動産売却が難しいのか。不動産売却を成功させるために大事なことを説明していきます。

 

不動産売却で儲けるのは難しい

今の時代、都心のマンション以外で購入した時よりも高く売ることはほとんどないと思ってください。購入した時の金額で売れると期待するのはあまりオススメしません。ネットの普及により、購入される方はかなり相場感を持って不動産を探されています。相場よりも高い物件は反響が少なくなります。ほしいと言ってくれるお客様が現れたとしても、値下交渉されます。結局は相場よりも高く売ることはとても難しいということがわかってもらえると覆います。

 

売却のコツは誰も教えてくれない

本屋さんに「不動産の買い方」という本はいくつか陳列されています。しかし「不動産を賢く売る方法」というノウハウ本はみられません。

不動産売却にはたくさんの要素が絡み合います。

・立地
・最寄駅
・駅からの距離
・前面道路の種類、幅員
・土地の形
・高低差
・駐車場の台数
・リフォーム歴
・住宅ローンの残債
・地域の相場
・近隣で出ている売り物件の数、価格
・希望売却価格
・相場の金額
・上下水道、ガス、電気の供給状況

等々、不動産の売却には様々な要素が絡み合い非常に複雑になります。

不動産売買するために調べるものが多岐に渡るため、個人で売却することは困難に近いです。

だから不動産会社にお願いして、販売する方法がメインになってしまうのです。

 

住宅ローンが残っている場合は特に難しい

不動産売却時に住宅ローンがたくさん残っていると、ローンの残債、売却手数料等諸費用から逆算すると、販売価格は必然的に決まってきます。その販売価格が相場金額に近ければ良いのですが、相場よりも高いと中々売却するのは難しくなります。不動産を売却するためには、購入時に登記された抵当権を抹消する必要があります。その抵当権を消すためには住宅ローンを完済する必要があります。住宅ローンの残債よりも低い金額で売却する場合には、資金を余計に用意する必要があります。

特に築浅の場合は住宅ローンを売却益で完済する難易度が上がります。

 

マンションは相場価格以上で売るのは難しい

戸建の場合は、近隣の住宅が売りに出ていても、土地の広さや高低差、形や築年数等が違うので差別化がしやすいです。しかしマンションの場合は、同マンション内で他に売りに出ている物件があればその部屋の金額に左右されてしまします。基本的に同じマンション内であれば安い部屋から売れていくのが一般的です。だからマンションで他にも売りに出ている部屋がある場合は相場より高く売ることは難しいです。

※しかしリフォームしていて即入居が可能な場合は差別化ができるので、他の部屋の価格に影響されずに売れる場合もあります。

 

難しい不動産売却を成功させるために

私が思う、不動産売却を成功させるために重要なことは「相場を知る」ということです。相場の金額とは、この金額であれば、間違いなく買いたいお客様がいて、値下げ交渉もされずに購入していただける、適正な不動産の価格です。その相場価格を知ったうえで、資金の状況や、住宅ローンの残債、住み替え先の資金調達などの事情に応じて、チャレンジ価格として高めに売りに出せばよいのです。そうすると、高く売れればラッキー。ダメでもこの金額では売れるだろうという予想がつきます。

また、売却を依頼する不動産会社にもよります。しっかりと知名度や販売力、広告力のある不動産会社にお願いしたほうが、売れる確率は上がってきます。不動産会社選びも重要なので、知り合いの不動産屋にお願いしたから安心というわけではないのでご注意ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。