家貴族

奈良県在住の方必見!空き家を相続したら?対応方法をご紹介!

友だち追加 お問い合わせはこちら

奈良県在住の方必見!空き家を相続したら?対応方法をご紹介!

奈良県在住の方必見!空き家を相続したら?対応方法をご紹介!

2024/05/25

空き家を相続する際には多くの方が、相続した空き家をどのように扱えば良いのか、資産価値はあるのか、税金の負担はどれほどになるのかといった、数々の疑問に直面します。

初めて相続される方は特に、分からないことも多いですよね。

そこで本記事では、空き家相続におけるさまざまな課題に対処するための具体的な手法を紹介します。

目次

    空き家相続の第一歩!資産価値をどう見極める?

    空き家を相続した際、最初にすべきことはその資産価値を正確に評価することです。

    空き家が持つ潜在的な価値を見極めることは、その後の対処法を決定する上で極めて重要です。

    では、空き家の資産価値を見極め、税金の負担を軽減するためにはどうすれば良いのでしょうか。

    資産価値の有無の判断基準

    空き家の資産価値を評価する際は、立地・建物の状態・市場価値などを総合的に考慮する必要があります。

    また、特定の地域における空き家の需要も重要な判断材料です。

    税金対策と特例の活用

    相続した空き家を所有し続けることで発生する税金の負担は少なくありません。

    特に、相続税や固定資産税は重要な問題です。

     

    しかし、支払い金額を軽減できる特例も存在します。

    例えば、特定の条件を満たした空き家については、固定資産税の負担が軽減される場合があります。

    適切な税務対策を講じることで、空き家の経済的負担を減らすようにしましょう。

    活用するか、処分するかの選択

    資産価値の有無により、空き家の扱い方も大きく変わります。

    資産価値が認められる場合は、その活用方法を検討することが重要です。

    一方、資産価値が低いと判断された場合は、処分する方向で考えを進めることをおすすめします。

     

    どちらの場合も、空き家を放置することによるリスクを避けるための適切な対策が必要です。

    資産価値が見いだせる空き家の有効活用法

    資産価値があると判断された空き家は、適切に活用することでさらなる価値を生み出せるケースがあります。

    空き家を有効活用する3つの方法を見ていきましょう。

    1:売却による資産化

    空き家に一定以上の資産価値がある場合、売却を検討することが1つの選択肢です。

    特に、相続開始から3年以内の売却では税制上の優遇措置が適用される場合があります。

    売却の機会を利用することで、より高い利益を得られる可能性もありますよ。

    2:賃貸としての活用

    もう1つの選択肢は、空き家を賃貸物件として活用することです。

    定期的な収入源となるほか、空き家が劣化するのを防ぐ効果も期待できます。

     

    ただし、賃貸にするためのリフォーム費用や、長期間入居者が見つからないリスクも考慮する必要があります。

    3:自己居住用としての利用

    相続した空き家を自己の居住用として利用することも、資産価値を活かす1つの方法です。

    この場合、特定の税制上の優遇を受けられるほか、新たな住まいとして生活の基盤を築けます。

    まとめ

    空き家を相続した際は、まずその資産価値を正確に評価し、適切な税務対策を講じることが重要です。

    資産価値がある場合は、売却・賃貸・自己居住といった方法で有効に活用できます。

    資産価値があるかどうかの判断や売却の方法などにお悩みの際には、奈良市周辺で無料相談会も行っている当社まで、お気軽にご相談ください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。