家貴族

古家付土地の解体について|不動産売却|家貴族

友だち追加 お問い合わせはこちら

古家付土地の解体について
不動産売却
家貴族

古家付土地の解体について|不動産売却|家貴族

2021/04/27

古家付土地の解体について

解体して売る方が得なの?

古家付土地とは

評価額のない古い建物がついた土地のことです。建物自体に価値がある場合は中古戸建として売りに出されます。

しかし、築年数が経っているからといって建物の資産価値が0になるというわけではありません。あくまで評価額が0円という話です。一概に古い家を売る場合に古家付土地として売りに出されるわけではありません。とても住めなさそうな家が付いた土地でも中古戸建として売りに出すこともできるのです。

 

古家付土地の不動産売却について

古家付土地の不動産売却といっても、その古家が全く資産価値がないというわけではありません。立地や程度によっては価値を見出せる人もいます。最近は築古物件を購入してリノベーションされる方が増えてきました。中にはDIYで自分自身で再生するといった方も増えております。古家付だからといって売りにくいということはないのですが、場合によっては解体して更地にして売却したほうが良い場合もあります。

ただし、古家を解体する場合は、事前に解体費用を捻出する必要があります。解体したのに長期間売れないと、固定資産税が上がって損してしまう可能性もあります。

だからといって古家を長期間放置するとその管理・維持や景観を維持するのに費用や手間もかかります。

それぞれの立地や程度によってどうするべきか不動産会社に相談してみるのが良いです。

 

古家の解体は誰がするの?

古家の解体は誰がするのかというと、売主の場合もあれば、買主の場合もあります。

それは売りに出すときに決めればよいですし、逆に買いたいというお客様から解体をお願いされる場合もあります。

古家付土地の販売方法は3種類あります。

①事前に売主が解体して更地として売りに出す方法。
②買主がみつかった後に、解体して引き渡す方法。
③古家付のまま引き渡して、買主様に解体してもらう方法。

 

どの方法が一番良いのかは人それぞれなのでよく検討してください。

貴族では奈良市木津川市の古家付土地の売却方法にて様々なご提案をさせて頂きます。

 

相続した古家付土地は解体したほうが良い

相続した不動産の場合は、売却益にたいして税金が課されます。しかし、相続した年から3年後の年末までに、解体して売却した場合は3000万円の控除が受けられます。だから相続した不動産を売却するのであれば、早めに不動産会社に相談してどうするか検討したほうが良いです。

 

古家を売主側で解体するメリット

土地を売りに出すときは、古家が付いている状態だと中々次の購入者がイメージしにくいです。古家の奥側がどうなっているのかも実際に敷地内に入いらないとわかりません。

更地状態だと広さや土地の形状等がすぐにわかりますので、購入に至りやすいと考えます。

また相続の場合は、3000万円の控除を受けることができます。

 

古家を売主側で解体するデメリット

売れることが確実ではない状態で解体してしまうと、解体後に長期間売れなければ、固定資産税が6倍に増えることになります。通常土地の上に建物が建っている場合は固定資産税が1/6に抑えられています。更地になると、6倍に膨れ上がるのです。

また、古家をリノベーションしたい層への売却の機会がなくなてしまいます。

最後に、売主側で先に解体する場合は解体費用を持ち出してもらう必要があります。

 

古家を買主側に解体してもらうメリット

解体費用を売主が負担しなくて良い。

更地状態で売れ残るリスクがない。

 

古家を買主側に解体してもらうデメリット

その古家付土地が相続した不動産の場合は、売却益に対して3000万円の控除が使えません。

解体してみたら思いもよらないものが埋まっていてトラブルになる可能性も。

 

どっちがお得かは人それぞれ

どのパターンがオススメかは売却理由にもよりますし、立地や古家の程度にもよりますので一概には言えません。

ただ、安心な売却方法としては古家付の土地として売出、買主が見つかったら売主側で解体するという方法です。そうすると、固定資産税が上がることはないですし、相続の3000万円控除も受けられます。

更地にしないと売れないんではと心配の方もいらっしゃいますが、奈良市木津川市での古家付土地の売却なら当社にお任せください。

建築のノウハウもあるため、リノベーションや建て直し後の建築プランなどの提案もすることで、

 

まずは解体費用を見積してもらおう

古家を解体して売るか、買主に解体してもらうかによらす、一度解体の見積を取っておくことは、古家付土地の不動産売却を成功させるカギの一つです。

買主さん解体する場合は、解体費用分を値引き交渉してくる可能性もあります。その際に、解体費用を把握していれば適切な値引き交渉に応じることができます。わからないと解体費用を多め言われて存する可能性もあります。

家貴族では不動産売却のアドバイスはもちろんのこと、解体費用についての見積を何社かにお願いすることも可能です。なんでもお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。